新亜光学工業株式会社で働くために必要なことは何か考える

>

現状維持で満足しないこと

業界トップであり続ける理由

一度何かの頂点に立ってしまったら、そこで満足する人は少なからずいると思います。
しかし、何事も頂点に立ってからがスタートなのです。下にいる人たちの手本となれるよう、追い付かれることのないように常に頂点に立ち続けることは、頂点に立つことよりも難しいかもしれません。
ただの平社員であった頃は何の責任もなかったかもしれませんが、役職がついて部下がついたらそこから落とされることのないように必死に食らいついていくようなことも会社員であればよくあることでしょう。責任というプレッシャーは相当なものです。
頂点に立って、立ち続けるためには現状で満足していてはなりません。もっと上を目指して努力し続けているからこそ頂点に立ち続けていられるのです。

負けず嫌いであることは素晴らしい

頂点に立っているような人は、負けず嫌いの方が多いのではないでしょうか。
表面上冷静に見えても中は負けず嫌いの魂が燃えている、なんてこともあるでしょう。そうでなければ後輩たちに道を譲って自分はのんびりしようという態度になるかと思います。若い世代の才能に触発され、自分の実力はまだまだということをよく認識したうえで、努力を続ける姿勢であれば負けず嫌いも素晴らしいのではないでしょうか。
そう、変な方向に向かっていかなければ負けず嫌いという性質は素晴らしいものだと思います。変な方向というのは、自分の成功の為に他人を陥れるような手段を使ったり、といったことです。
自分に足りないところ、間違っているところを素直に認め、それを直し向上していく気持ちがあるのとないのとでは仕事の出来が違います。自分の劣っているところも認めたうえで、努力をしていきましょう。


この記事をシェアする