新亜光学工業株式会社で働くために必要なことは何か考える

>

社員同士で連携をとれるように

自分よりもまずは他人の気持ちを考える

こういった技術系の企業の社員の方達は、自分の持っている知識を活かせるように研究をしていく傾向があるように思えます。
もちろん、そういう人たちばかりではありません。あくまでも一般論です。
しかし、個々の力が優れているだけでは会社は発展していきません。どれだけ優秀な人でも、一人の力はたかが知れているのです。
優秀な頭脳はいくつあっても困ることはありません。その優秀さにチームワークが加われば最強ではないでしょうか。自分ばかりを押し出すのではなく、他人の優れているところを見つけるのも大事な仕事です。完璧な人間はいないので、自分に足りないところは補ってもらえば良いですし、逆に自分が出来ることは惜しみなく差し出すことで、組織として機能していくのではないでしょうか。

コミュニケーション能力を鍛える

コミュニケーション能力と聞いて、どのようなことを思い浮かべますか?
他人とよくお話をすることでしょうか?そう、それも一つのコミュニケーション能力だと思います。ただ、話をする時に気をつけなければならないことは、自分の話ばかりしないということです。これはおしゃべりな人によくありがちですが、相手の会話を自分の方向にすり替えてしまうことはよくあることです。傍から聞いていたらよく分かるのですが、当人は全く気付いてなく、ただぺらぺらと一方的に話し続けているという光景は、割とよく目にします。
話している方は満足できますが、ただ聞かされている方はあまり面白くはないかもしれません。相手が口を挟もうとする隙を与えないほど話しているからです。仕事上においてもこれはよくあることで、上司が一方的に部下に命令をするといったことは、部下の成長を妨げることにもなるので気を付けていきましょう。


この記事をシェアする